国分寺市の広報誌

国分寺市の観光・イベントブック

国分寺市の情報誌

国分寺市の特色

国分寺市について

写真提供:国分寺市

魅力あふれ ひとがつながる 文化都市国分寺

国分寺市は東京都のほぼ中央に位置し、東は小金井市、南は府中市と国立市、西は立川市、北は小平市に接しています。 市域は東西約5.68キロメートル、南北約3.86キロメートル、面積11.46平方キロメートル、大部分は武蔵野段丘上のほぼ平坦地です。

段丘の南端は急激に下降して国分寺崖線をなし、立川段丘に連なります。

この崖線のすぐ下を流れているのが野川。崖はハケと呼ばれ、ハケ下各所から豊かな湧き水が野川にそそいでいます。 市内にはJR中央線・武蔵野線、西武国分寺線・多摩湖線が縦横に走り、なかでも国分寺駅は多摩地域の交通の要衝となっています。

国分寺市は、首都近郊にあって武蔵野の面影を残す住宅都市として、また、水と緑に彩られた文化都市として、大きく飛躍しています。

国分寺市:市の紹介

国分寺市イメージキャラクター「ぶんじほたるホッチ」

「国分寺市の魅力ある資源の象徴、水・緑・光をイメージしたキャラクターです。

「ぶんじほたる」という国分寺市にしかいない新種のホタルという設定で、市とともに永遠に輝き続けます。

制作は市内で創立事業50周年を迎えた株式会社タツノコプロの吉田すずか先生とともに行いました。

現在、各種イベントへの参加やツイッターで国分寺市の魅力を発信しています。これからも様々な場所で活動しますので、応援をよろしくお願いします。

国分寺市:国分寺市のイメージキャラクター ぶんじほたるホッチ

国分寺市の特集・記事

記事

【多摩地域】#エール飯プロジェクトのまとめ