奥多摩町の特色

面積 225.53km²
URL 奥多摩町公式ホームページ
隣接自治体

青梅市あきる野市檜原村埼玉県:秩父市飯能市山梨県:上野原市小菅村丹波山村

奥多摩町について

写真提供:奥多摩町

人 森林(もり) 清流 おくたま魅力発信!
~住みたい 住み続けたい みんなが支える癒しのまち 奥多摩~

東京都の最北西端に位置する奥多摩町は、全域が秩父多摩甲斐国立公園に含まれ、東京の奥庭として親しまれています。

東京都の10分の1に当たる 225.53平方キロメートルという広大な面積を有し、大部分は山岳によって隔てられ、町の中心を多摩川が西から東へと貫流しています。

昭和30年に、古里村、氷川町、小河内村の3か町村が合併し、奥多摩町が誕生し現在に至っています。

奥多摩とは昭和のはじめ日本百景選定のとき、多摩川上流の美しいところ「奥多摩渓谷」が推奨されたのが発端です。

奥多摩町は、水と緑を大切にし、人と自然との調和した潤いのある町です。また、山村文化の伝承と生活様式が今でも保存され、郷土芸能の宝庫といわれています。

奥多摩町は、全域が秩父多摩甲斐国立公園に包含され、自然環境豊かで、昔ながらの山村文化があります。昔から東京都の奥座敷として多くの方に親しまれています。

また一方で、東京都心までは2時間で行ける距離にあり、いなか暮らしをするには、最高の場所です。近所には、気さくでおせっかいな「おじさん」、「おばさん」がいっぱいいる人情豊かな町です。

奥多摩町:町の紹介

もっと『奥多摩町』について知りたい方におすすめの冊子をご紹介

奥多摩 子育て支援・若者定住促進 ガイドブック 2017

奥多摩町イメージキャラクター「わさぴー」

町制施行60周年を記念として奥多摩町の特産「わさび」、「清流」、「豊かなみどり」をイメージし、頭部に町の花「ミツバツツジ」をつけて、全身で町をPRする元気いっぱいで親しみやすいキャラクターとして誕生しました。

平成27年4月1日に町長より「イメージキャラクター」の辞令を受け、奥多摩町のキャッチフレーズ「人森林(もり)清流おくたま魅力発信!」を実現するため身を粉(こ)にしてPR活動に活躍していきいます。

奥多摩町:イメージキャラクター「わさぴー」

奥多摩町の特集・記事

特集

梅雨・台風に備えて。多摩地域の洪水ハザードマップ