MUSASHINO CITY武蔵野市

武蔵野市

面積
10.98km²
総人口
143,964人(2017年1月1日)
人口密度
13,111人/km²(2017年1月1日)
隣接自治体
三鷹市小金井市西東京市、杉並区、練馬区
市の木
コブシ、ケヤキ、ハナミズキ
市の花
ハギ、ムラサキ、ムラサキハナナ、ツツジ、ジンチョウゲ、スイセン、フヨウ、アサガオ、キク

他の市町村ページへ移動する

MUSASHINO CITY武蔵野市について

写真提供:武蔵野市

「行きたいまち 住みたいまち 武蔵野市」

東京都のほぼ中央に位置する武蔵野市。東西6.4キロメートル、南北3.1キロメートル、平坦な地形にめぐまれた街は、昭和22年、特別区に隣接する郊外住宅都市としてスタートしました。

本市は、施策の計画・展開にあたって、早くから市民参加を掲げ、先駆的に取り組んできました。高い市民意識に基づいて策定された長期計画(10年から12年周期)とこれを見直す調整計画は、豊かな財政力に支えられて着実に実行され、緑豊かな住宅都市と教育・福祉・健康・文化・スポーツ・情報などの生活型の産業が高度に集積して、調和した「生活核都市」として発展し、住んでみたい街としてそのイメージが定着しています。

現在は、人口約14万5,000人、新宿から約12キロメートル、電車で約20分の至近にあり、23区と多摩地区を結ぶ東京の『芯』となっています。

本市は、市内を東西に貫通するJR中央線に沿って主に三駅圏に分かれています。市の玄関として、デパートや専門店などの商業集積をもつ吉祥寺圏。三鷹駅から北側に伸びる文化・行政のゾーンの中央圏。武蔵境駅を中心に、亜細亜大学などの文教施設と、中核病院である日赤病院をもつ武蔵境圏。市では、三域の個性を生かしつつ、全体が調和したまちづくりを進めています。

また、市内には芸術家や事業家・学者などが多数居住しています。市民の意識も高く、水準の高い行政が求められることと、堅固な財政基盤を背景に、全国でも指折りの先駆的な施策を展開してきました。例えば、元祖コミュニティバス「ムーバス」、地域の方が年間1,000万円を上限とした補助を得てデイサービスやショートステイなどを展開するテンミリオンハウス、農山漁村と協力し子どもたちが授業の一環として自然体験をするセカンドスクール、0歳から3歳の子育て支援施設である「0123吉祥寺・はらっぱ」などがあります。
そのほか、吉祥寺駅周辺におけるベビーカー貸出しサービス事業「ベビ吉」は、吉祥寺のまち歩きに便利と、多くの方にご利用いただいています。

武蔵野市では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会やラグビーワールドカップ2019に向けて、さまざまなスポーツイベントを「Sports for All」として実施しています。また、ルーマニアのホストタウンとして、スポーツだけでなく文化相互交流を実施し、より機運を盛り上げていきます。

武蔵野市:市のプロフィール

もっと『武蔵野市』について知りたい方におすすめの冊子をご紹介

季刊むさしの 2017年夏号 No.119

武蔵野市の自治体広報紙

もっと見る

武蔵野市を『楽しむ』ブック

もっと見る

武蔵野市で『役立つ』ブック

もっと見る